戻る
■ 寿命100年のコーヒーの木2018. 2.14

みなさま、こんにちは。

今日はウガンダ産アラビカ種ティピカ(原種)の
自然栽培コーヒーの木についてお知らせします!

一般的な栽培方法で育てられたコーヒーの木の
寿命は約30年だと言われております。

一方、自然栽培で育てられたコーヒーの木は
寿命が50〜100年になります。

生産者の御祖父ちゃんが育てていたコーヒーの木が
未だに実をつけて美味しいコーヒー豆を育てています!
画像 → お祖父ちゃんの植えたコーヒーの木

生産者に聞いたところ推定寿命100年だと言います。

自然栽培は、自然のサイクルで負荷なく育っているので
本来の寿命を全うできるのかもしれません。

及川 雄万