戻る
■ 白鳥哲監督「蘇生」2018. 2.12

みなさま、おはようございます。

昨日は、コーヒー栽培と農業の学びの一環として
日進市で開催された、映画「蘇生」上映会へ参加さ
せて頂きました。

自然量子力学が基本テーマで、主に有用生物、乳酸菌
微生物、窒素固定菌、などについて、学習してきました。

学習後「蘇生」を撮られた白鳥哲監督とお話する機会が
あったので、有用微生物群について、より深く意見交換
させて頂きました。

生態系のピラミッドの中で高次消費者である私たち人間
のエゴにより、自然が破壊され今大きく生態形成が変わって
きてしまいました。

生態系は、底辺に位置する微生物(分解者)植物(生産者)草食動物(一次消費者)
肉食動物(二次消費者)そして、我々人間肉食動物(高次消費者)で成り立っています。

私たちが、豊かな生活を送るためには、全ての生態系の命が必要不可欠です。

小さな力ではありますが、自然栽培を通して生態系を守り、先の先の世代が
豊かな生活を送れるよう、努力してまいります。

映画「蘇生」は大変素晴らしく考えさせられる映画でした。

及川 雄万